足の太陽膀胱経の承筋「しょうきん」は 坐骨神経痛、腰痛、こむらがえり、痔疾などに使用します。 取穴は委中の下、腓腹筋の最もふくらんだところで、内側頭と外側頭の筋溝(合陽と承山を結ぶ線上の中央)に取ります。 解剖→腓腹筋 脛骨神経 内側腓腹皮神経 後脛骨動脈。 → 当院では腰痛、坐骨神経痛に鍼灸をお薦めしています。 妊娠中の股関節痛、腰痛、こむら返り、歩行困難などにも鍼灸うがお薦めです。 疲労回復、ストレス解消、年末の疲れなどには指圧マッサージ、マタニティーマッサージがお薦めです。 お気軽にお問い合わせください。 メールホームからのご予約も可能です。