坐骨神経痛はさまざまな原因により、坐骨神経が刺激されることに起因する神経痛のことです。当院に来院される多くの腰痛患者にも、坐骨神経痛を伴う場合が散見されます。

メールでの予約ができるようになりました。予約ホームはこちらです。

この症状には、鍼灸が効果的です。 慢性的な場合には、長期的なスパンでの治療が必要になります。 約90%の坐骨神経痛は腰椎椎間板ヘルニアが原因であるとされています。 その他に、坐骨神経の圧迫、脊椎神経根の圧迫、梨状筋症候群、腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症などが原因とされています。 症状は坐骨神経の走行に沿い、一側の大腿後面から足まで放散する痛みが特徴的です。 、 その日の健康状態や体調によって痛さや箇所が変わることもあります。 足からつま先に放散する痛みの他、異常感覚が出現することもあります。 坐骨神経以外の腰神経が同時に障害されていることもあります。 その場合には、坐骨神経の支配領域以外の下肢に、異常感覚や痛みが出現したり、骨盤内臓に障害が現れることがあります。 下肢末端の冷えや、むくみ、筋力低下を伴うこともあります。 じっくり構えて、鍼灸を継続することを、お薦めいたします。