外傷性頚部症候群「むち打ち」は自動車事故や労働災害、スポーツ障害による首部やその周辺の打ち身・捻挫・骨折・頭部外傷などに伴って発症するものです。
メールでのご予約が可能です。予約ホームはこちらです。

頸部捻挫と診断されることも多いです。
強い衝撃で頭部と胴体が異なる向きへの動きを強いられ、それによって、様々な症状が出ます。
靭帯や関節包、筋肉などの障害のため、エックス線診断では判りにくいのが特徴です。
発症直後はそれほどの痛みがなくても、時間を経過して症状が現れることも多く、手のしびれや眩暈、頭痛などもしばしば見られます。
近年では脳脊髄減少症や、軽度の脳損傷との関連が指摘されています。
いわゆるむち打ち症状には、保険鍼灸が適応となります。
痛みやしびれの軽減が期待できます。
任意保険の適応化どうかは、各保険会社にお問い合わせください。
当院は基本的には医療保険以外の場合、実費とさせていただいています。
領収書を発行いたしますので、医療費控除としてお使いいただけます。
任意保険との交渉や、立て替え払いには対応いたしません。