Posts Tagged ‘灸’

肥満は免疫力を下げると言う研究結果です

肥満で免疫細胞老化、高まる生活習慣病リスク 慶大など http://www.asahi.com/articles/ASJC751C2JC7ULBJ00G.html → 当院ではお灸の免疫力を上げる作用や、副作用のない鍼治療、マッサージを行っています。 また運動指導、基礎代謝を上げるための食習慣の改善などを指導することで、健康を取り戻し、若々しい心身となりうることを患者様にお伝えしています。 健康で長生きが、最高の贅沢だと思いませんか?

昨日男児誕生

昨日3150gで、男の子が生まれました。
名前は洸満「こうま」。
子供3人、にぎやかになりそうです。
ご来院くださっている皆様には申し訳ありませんが、1から2週間ほど、お灸が行えません。
お灸に代わって、同一時間内にマッサージを実施いたします。
ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。

お灸のすばらしさ

怖いと思われがちなお灸には、様々な効果があります。
詳しくはホームページをご覧ください。
青熊宇都宮治療院☆鍼灸指圧マッサージ☆「栃木県」 » お灸の抗酸化作用 http://aocuma.com/?page_id=5661
冷え性や虚弱体質、慢性疲労症候群やアレルギー、不妊症不育症などにお薦めです。

不妊症、不育症コンテンツを追加しました

青熊宇都宮治療院☆鍼灸指圧マッサージ☆「栃木県」 » 不妊症、習慣性流産に対する異種蛋白療法としての灸 http://aocuma.com/?page_id=6718

冷え性を克服しよう。あきらめないで40台の妊活

 当院には冷え性の患者様が多くいらっしゃいます。 冷え性と共に腰痛症があったり、不妊症や不育症であったりするわけですが、低体温になるとさまざまな弊害が起こりえます。 鍼は多くの熱賛成と、脂肪の消費に関与している筋肉に直接刺激が可能な、治療方法です。 筋肉に存在する需要期を刺激することで、血流を良くするだけでなく、代謝を活発にすることが可能です。 またホームページでも解説していますが、お灸の作用をプラスすることで、より効果的な施術が可能です。  今回は、 冷え性と関係のある基礎代謝について、解説します。 基礎代謝と言う言葉を聞いたことがあると思います。 基礎代謝」とは、何もしていなくても消費されるエネルギーで、人が最低限生きていくために必要な部分を指しています。 基礎代謝は1日に消費されるエネルギー量(カロリー)の60%~70%を占めており、20代の成人男性では1日に1500キロカロリーくらいは必要とされています。 残りの30%~40%の内、 20%~30%が「活動誘発性体熱産生」と言われるもので、生活に必要な身体活動やスポーツなどで消費される部分です。 他の10%~20%が「食事誘発体熱産生」と言われる部分で、消化活動に必要なエネルギーです。 日本人の平熱は、平均36.89℃とされています。 人間は変温動物ですので、何もしないで生きていくだけでも、体温を維持し、細胞が活動し続けなければなりません。 体温が20度を下回ると、心臓が止まってしまいますし、体温が42度を上回ると、酵素の働きが適正に保たれず、生命活動に支障をきたします。 人は活動レベルの低い睡眠時「早朝」に体温が最も低下し、に日中に活動レベルが上がりますので、夕食の時間帯くらいに熱が最も上がります。 通常1日のうちの体温の変動は1℃以内におさまります。 人は体温がほとんど変化しない「恒温動物」です。 体温を一定に保つことで、常にさまざまな運動を行うことができ、気温の変化に左右されずに、生きていけるのです。 これが変温動物との違いなのですが、実はこの体温維持のために、人はエネルギーの多くを費やしているのです。 代謝とは体内でおこる、化学反応のことで、人の活動は化学反応で成り立っていますので、熱を作るためだけではなく、運動をしても、消化をしても、物を考えても代謝は常に引き起こされているのですが、その内の生命維持に必要な代謝のことを基礎代謝と呼んでいます。人はただ生きている訳ではありませんから、食べたりおしゃべりをしたり、運動をしたり、考えたりして、常に化学反応を引き起こしています。 活動をすればするほど、熱が産生されます。 人の場合、エネルギーの75%以上が熱に変換されているとされています。 つまり、何かをしようとしてその運動に使用されるエネルギーは25パーセントで、75パーセントは熱に代わる訳です。 この熱が多すぎると、汗を出して放熱をし、体温を一定に保つ訳ですが、これは自律神経の働きです。 自律神経は視床下部の指令を受けて、血管や汗腺の開閉をしたり、心臓のポンプ作用の調整をしたり、消化器系の活動を調整したりしています。 寒いと体が震えますが、これは視床下部が働いて、本人が意識しなくても、自律的に筋肉を動かしているのです。  さて、やや小難しい話になってきましたが、ここからが本題です。 実は現代日本人は基礎代謝が落ちていると言われています。 なぜかと言いますと、大きく分けて、二つの要因が上げられます。  1.肉体労働の減少。 社会構造的にホワイトカラーが多くなってきているのもそうですが、家事労働も簡素化されましたし、肉体労働にしても、工場生産や工作機械の充実、輸送車両の充実で、減少しています。  2.住環境の改善。 くウラーや暖房器具の充実で、体温調節を自らしなくても快適な空間が提供されています車社会で、外を歩く機会も減っています。外気に触れる機会が減っているのです。   肉体労働の減少により、日本人の筋肉量の減少と体脂肪率の増加で、容積に比較して、熱賛成能力が少なくなってしまっています。 また住環境の充実は、視床下部の働く機会を減少させ、必要な時に熱を作れと言う指令がおろそかになっています。  これらに加えて、特に女性では、体が痩せている方が良いと言う風潮で、ダイエットにより、筋肉量を減らしてしまい、基礎代謝が落ちてしまうと言うことも、問題となっています。  。   ご存知ですか?基礎代謝の内、約40%が筋肉で消費されています。 基礎代謝に加えて、生活活動や食事に伴う骨格筋や平滑筋の活動を加えると1日のエネルギー消費量の24%~28%が筋肉で消費されているのです。 つまり筋肉量を増やせば、エネルギーを消費しやすく、熱賛成能力も高まると言う、一挙両得が成立すると言う訳なのです。 筋肉のエネルギー源は脂肪ですので、体脂肪率を下げ、代謝効率を上げ、冷え性を改善すると言うことにつながる訳ですね。    脳トレも重要です。 皮膚皮下組織の温度が下がると、神経を介して視床下部に伝わります。 視床下部が低温を感知すると、自律神経の交感神経が活性化して褐色脂肪組織や白色脂肪組織にノルアドレナリンが放出されます。 細胞内の受容体を刺激することで白色脂肪組織では、脂肪分解がおこります。 また赤色脂肪組織では、マクロファージが活発になることで、、発熱遺伝子発言を活性化します。 脂肪酸の動員エネルギー消費を増加させるので、熱賛成能力が向上します。 甲状腺ホルモンや黄体ホルモンなどにも代謝を亢進して熱の産生を促す作用があるため、脳と体の健康が、エネルギー代謝には重要なキーワードとなっています。 つまり、何時でも一定の温度に保たれた環境では、必要な熱賛成メカニズムが、発揮されにくくなります。 室外に出て活動することが重要なのです。  筋肉と脳は一体化して考えるべきです。 筋が収縮するとき、場合によっては安静時の約10倍以上の熱が産生されます。 スポーツは熱賛成能力の向上に、もってこいです。 運動すると熱が沢山作られる訳ですが、安静にしていても筋肉は熱を作っています。 UCP-が、筋の熱産生に関係していることが、近年わかってきています。 UCP3は骨格筋の「速筋」のミトコンドリア内膜に存在しています。 ミトコンドリア内膜の脂肪酸の通過や、活性酸素の除去などを助けることで、代謝を活性化します。 UCP1は褐色脂肪細胞に特異的に存在し、主な機能は脂肪燃焼と熱産生です。 交感神経の昂進→β3アドレナリン受容体の刺激は、UCP1による熱産生を活性化します。 また、白色脂肪細胞の中性脂肪の分解も促しますので、体脂肪の減少に寄与します。 UCP2は全身的に分布しており、白色脂肪組織や骨格筋、脾臓、小腸に多くあります。 白色細胞のUCP2は刺激によって中性脂肪を分解して脂肪酸を送り出します。 視床下部は自律神経系の中枢です。 自律神経は交感神経と副交感神経から成り立っています。 筋肉や組織の、様々な受容体への働きも、視床下部と自律神経系の一体運用のなせる技なのです。

ストイックであること

これはけっこう重要だったりします。 これと対極にあるのが、ストレスフリーと言うことになるのですが、何が何でもストレスを排除しなければ、体調管理に悪影響を及ぼすと言うものでもないでしょう。 甘やかされた子供が、少しばかりの叱咤激励でへこんでしまうように、常日頃から少しのストレスも感じないような生活をしていると、軟弱な体になってしまうことは事実です。 ただし、間違ってはならないことは、スポコンではいけないと言うことです。 無知無謀に体や精神を鍛えるのではなく、できるだけ無理を排除しつつも、必要な能力「体力、精神力」を手にする努力は怠らないと言うことが、当然重要になります。 不妊症を克服するために、男性なら精子の運動率を上げたい、畸形率を下げたいと思う訳です。 できるだけ良い精子になるようにと、抗酸化作用を高めるための努力が必要です。 しかしながら、あなたは会社で責任ある立場であり、簡単に仕事量を減らすことができないかもしれません。 好きでなくても、ノミニケーションが必要なのかもしれません。 好きで太った訳ではなくても、健康診断で肥満だと言われてしまっているかもしれません。 そうした環境のあなたが、痩せるために食事を減らし、深夜に疲労した体に鞭を打って運動をしても、結果は思わしくありません。 だいたい、そうしたことを試みても、三日坊主で終わってしまうことが関の山です。 このような男性に必要なことは、継続するストイックさです。 つまり、継続できないようなことは、初めからしないことなのです。 まず初めにおさえるべきことは、精子はどんどん製造されると言うことです。 最低限、タイミングや採精の三日前からは、飲酒喫煙は止めましょう。 それから、この三日間はできるだけ8時間以上の睡眠を目指しましょう。 これを最低限の決まりとして、それぞれの情況に合わせた、体作りを試みてはいかがでしょうか? サプリメントでは、コエンザイムやリコピン、亜鉛などがお薦めです。 これは飲むだけですので、たいして努力が必要なものではないでしょう。 お灸も適切な場所に毎日行えば、効果的です。 これも、1日10分程度ですので、時間を作ることは難しくないはずです。 運動はウォーキングならば1日15分「朝」だけでも、基礎代謝が上がると言われていますできれば30分歩くと、脂肪の燃焼にもつながります。 ただし、これは疲労してしまってはどうしようもありません。 もし痩せることを目的とするならば、週3回はしないと、たいして効果はありませんので、無理をするだけ無駄かもしれません。 頻繁にできるのであれば、どんどん行うべきですが。 筋力トレーニングも、基礎代謝を上げますし、痩せる近道ですが、これも週に3回程度は行わないと、筋肉がついてきませんので、三日坊主は骨折り損のくたびれ儲けと言うやつです。 優先順位をつけて、ストイックに実行することが、もっとも効果的なのです。 何言う私も、今年の2月、精子の運動率が5パーセントでした。 これは逆行性射精と言う病気であるためですが、お灸と1時間のウォーキング、コエンザイムと亜鉛の摂取のためのカキエキスを続けたところ、今年の7月の時点で運動率40パーセント。 人工授精を行えるレベルに回復し、現在妻が3人目の妊娠中です。 上の二人は体外受精でしたので、ステップダウンですね。 ストイックに続けたことが、結果に現れた時の感激は、言葉に言い表せません。 私のお薦めは、腕立て伏せですね。 これは、短時間で全身的に筋肉を動かしますので、基礎代謝のアップにもってこいです。 1日30回くらいから始めて、現在1日100回までいけるようになりました。 分割してですがね。 がくせいじ20代にできたことが、またできるようになったと言うのも、ちょっと嬉しいんですよね。 胸に筋肉がつくと、なんだか強くな多様な気分になる男心は、女性にはあまり理解されないことかもしれませんが、、、。

●あきらめないで●40代の妊活

当院には多くの不妊症で悩んでいらっしゃる、患者様がいらっしゃいます。 結婚年齢が高くなっている時代ですので、どうしても特に女性にとっては、切実な問題が付きまといます。 「もう40にもなって、これから小作りといっても遅いんだけれど、あきらめることができなくて」といった具合の事をお話になる方が、多くなっています。 確かに、ホルモンのバランスが崩れてしまっていたり、子宮筋腫が見つかったり、卵子の質が悪く、着床しにくいなど、困難な情況が増えてしまうのも現実です。 では40代は妊娠しないのか、、、、? そんなことはありません。 年齢に応じた衰えはあっても、たまさか良い卵子が、排卵されることだってあるんです。 当院でも、42歳で体外受精で妊娠出産された女性が、45歳で自然妊娠したと言う事例があります。 体外受精になるくらいの、子宮筋腫や、ホルモン値の問題がある方でも、条件が整いさえすれば妊娠することもあると言うのが、妊娠の神秘なのだと思います。 当院では、そのような体のバランスを整えるための鍼灸を行っています。 不妊症の克服は一人でするものではありませんので、パートナの男性の協力や、適切な医学的な治療の併用、運動、食事など、様々な取り組みが必要になります。 そうした情報を、不定期に発信していきたいと思います。

逆子の回る確率は

→逆子の鍼灸治療は、化学的にも効果が示されています。→
現在のはやしだ産婦人科医院の林田和郎医師が東邦医科大学にて行った研究「1987年の報告」によると、1978年12月1日から1984年12月31日までの6年間の、静岡県藤枝市立志太総合病院「さかご外来」での584人の骨盤位に対する三陰交の灸頭鍼治療によって、、525人(89.9%)の妊婦が正常位になったとのことです。
また、藤田保健衛生大学、坂文種報徳會病院での365例の逆子治療でも、特出すべきデータが示されています。
この報告では妊娠26週から30週+6日までの、他に異常所見のない骨盤位176人中、166人に「三陰交、至陰」に灸を行ったところ、94.3%が
頭位「正常位に戻ったとのことです。
→当院でも1回から2回の鍼灸で、6から7割の患者様の逆子が回ります。
お気軽にお問い合わせください。

お灸の抗酸化作用と精子の運動率

先日那須の医療福祉大学に精子の運動率の検査にいきました。
私は逆行性射精のために、精子が膀胱にいってしまうので、どうしても尿中から採取しなければならないのです。
そのため尿に汚染されることになり、運動率がどうしても下がります。
2月の時点で5パーセント。
また顕微授精をするしかないかと思っていたのですが、再検査をしましょうと言うことになり、その間いろいろ取り組んでみようと思ったのでした。
とりあえず、週末に運動をかねて山登りをすることになり、加えてお灸をなんどか行いました。
お灸は新しくくることになった女性スタッフの練習台としてですが「笑」
4月に入ってから、還元型コエンザイムを飲み始め、二日前に検査したところ、運動率が12パーセントに改善。
やはり精子の運動率は、抗酸化作用を高めると、改善するようです。
医療福祉大学の男性不妊の先生は、トマトのリコピンで精子の運動率を改善する研究をされていて、私にも実験台にならないかと誘われましたが、都合がつかないので、お断りしました。
先生もコエンザイムが効果があるとおっしゃっていました。
お灸にも抗酸化作用があることがよく知られています。
だからこそ、当院では自宅施灸を強く進めている訳です。
今回、お灸の抗酸化作用についてのページを追加いたしましたので、ここにご連絡いたします。
<a href=”http://aocuma.com/?page_id=5661” target=”_blank”>お灸の抗酸化作用についてはこちら</a>

  還元型コエンザイムQ10 60粒
リケン
<iframe src=”http://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?t=daichan12-22&o=9&p=8&l=as1&asins=B005UJRCQ6&ref=tf_til&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=000000&bg1=FFFFFF&f=ifr” style=”width:120px;height:240px;” scrolling=”no” marginwidth=”0″ marginheight=”0″ frameborder=”0″></iframe>
  【カネカ】最近お疲れの方 還元型…
<iframe src=”http://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?t=daichan12-22&o=9&p=8&l=as1&asins=B007WJ4YA4&ref=tf_til&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=000000&bg1=FFFFFF&f=ifr” style=”width:120px;height:240px;” scrolling=”no” marginwidth=”0″ marginheight=”0″ frameborder=”0″></iframe>
  ドクターズベスト ユビキノール 100mg
<iframe src=”http://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?t=daichan12-22&o=9&p=8&l=as1&asins=B002CBXR46&ref=tf_til&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=000000&bg1=FFFFFF&f=ifr” style=”width:120px;height:240px;” scrolling=”no” marginwidth=”0″ marginheight=”0″ frameborder=”0″></iframe>