鬱病やパニック障害、不安障害などメンタ

ルの病は現代病とも言えます。

「PLOS Medicine→(2013年9月)に掲載された英国の研究によると、鬱症状に鍼治療
「東洋医学で使うハリ」が心理療法と同程度に有効かもしれないとの結果が出ています。
3ヶ月間にわたって鍼治療またはカウンセリングを受けたグループでは3人に1人が鬱症状が治まったのに対して、従来の治療(抗鬱剤?)しか受けなかったグループで鬱症状が治まったのは5人に1人だったとのこと。

 

マッサージはリラックス効果があり、鍼灸は脳血流を増加させ、

自律神経の働きを正常化させます。

マッサージや鍼灸を行いながら、丁寧なカウンセリングを行います。

マッサージや鍼灸は、副作用がありませんので安心です。

薬への依存から抜け出したい。

離脱症状に苦しんでいる。

職場や学校、家庭でのトラブルで辛いなどお気軽にご相談ください。

詳しい説明は以下のリンクをご参照ください。

鬱病の鍼灸について
鬱病に悩んでいらっしゃる方は沢山いらっしゃいます。現代病ですね。ゆっくりお話を伺い、心を解きほぐしながら、施術を行います。
鬱病の現代的な解説も合わせて掲載いたしました。

パニック障害の鍼灸

予期不安によってパニックに陥り、体調を崩してしまう場合があります。

全般性不安障害の鍼灸

心の不安が様々な自律神経症状を引き起こす場合があります。思春期にも見られますのでご相談ください。

過敏性腸症候群の鍼灸

心が乱れて、自律神経のバランスが崩れると、下痢や腹痛に苛まれる場合があります。

停滞腸の鍼灸について

心と体のバランスが崩れると、胃腸の動きが停滞してしまう場合があります。食欲が出ないとか、未消化便が出るとか、嘔吐感があるなどです。

薬の副作用の場合もあります。

自律神経失調症の鍼灸

心と自律神経は密接に関連しています。心が乱れると、ほぼ例外なく自律神経症状が見られます。