Posts Tagged ‘鍼灸’

自己肯定間のよりどころが大切

自己肯定感に「根拠」がある人は危ない 発達障害の僕が「うつの底」で体験した地獄
https://toyokeizai.net/articles/-/223457
→まずは存在そのものを肯定できることが重要ですね。
当院ではうつ病やパニック障害、自律神経失調症、デスクワーク疲労などに鍼灸をお薦めしております。

血糖値スパイクって知っていますか

疲労感、頭痛など様々な症状を引き起こす 体調不良につながる「血糖値スパイク」の深刻
https://toyokeizai.net/articles/-/218153
→と言うことで、血糖値が急激に乱高下するような食事を繰り返していると、血糖値が上がった時には快感を感じますが、下がるとだるくなったり鬱状態になったりして、体調を崩すようになります。
すい臓の働きが乱れて、インスリンの分泌以上が発生すると、このような症状がおきるそうです。
特に甘い清涼飲料水が禁物だそうです。
昔から言われている白砂糖は良くないと言うのはこういうことを刺しています。
砂糖でなくても、ラーメン屋うどん、スナック菓子、どんぶりものなどは同じく糖質が非常に高い訳ですから、上記のような悪いスパイラルに陥りやすくなります。
時にうつ病と誤診されることもあるようです。
うつ病と診断されている方も、食事療法として糖質を少なくする食生活に改善することをお薦めします。
糖質を全くとらないのではなく、糖質に偏らないことが重要です。
そして砂糖の塊みたいなスイーツとか炭酸飲料、果汁ジュースは控えることですね。
当院ではうつ病、パニック障害、身体性表現障害、過敏性腸症候群、自律神経失調症、悪阻、逆子、腰痛、ぎっくり腰などに鍼灸をお薦めしております。
不妊症、不育症、体外受精後の鍼灸、人工授精後の鍼灸にも力を入れています。
詳しくはお問い合わせください。

マウス実験では寒い所で過ごす方が脂肪燃焼体質に変わる

寒い環境が長いと体脂肪燃えやすく マウス実験で裏付け
https://www.asahi.com/articles/ASL4K66J1L4KULBJ012.html
→ 研究チームによると、気温4度でマウスを1週間飼い続けたところ、白色の脂肪細胞内で特定の酵素がスイッチ役として働き、脂肪の燃焼に関わる遺伝子の働きが活発になることが判明した。白色がベージュに変わり、脂肪が燃えやすくなることを裏付けたという。

まあ、マウスはと言うことなんで、人間も1週間寒い所にいれば、そうなるかどうかは判りません。
ただしかし、おそらくは人間も近しい反応を示すでしょう。
私も北海道出身ですので、寒い所で活動すると、腹が減ることを知っております。
結局その分食べると一緒ですね。「(笑」
もちろん、寒い所で活動をし、代謝を活発にしながら、カロリー制限がきちんとできれば、効果はあると考えられます。
当院では、むくみ、自律神経失調症、耳鳴り、うつ病、パニック障害、身体性表現生障害、悪阻、逆子、頭痛、偏頭痛、腰痛、ぎっくり腰などに鍼灸をお薦めしております。
妊娠中のマタニティーマッサージに対応しております。

記憶力アップにラジオがお薦め

視覚優位の日常が「聞く力」を弱らせている スマホばかり頼る人が脳を使えていない理由
https://toyokeizai.net/articles/-/216106
→スマホが普及し、視覚優位の生活をする人が多く、人の話を聞けない人が増えているそうです。
見ると言う行為と、言語を理解すると言う行為は異なります。
診てなんとなく判った気になっても、実は理解できていないことって多いですよね。
便利なぐっつが増えて、電話番号も、住所も覚えなくても良い時代になりました。
ところがこれが人間の脳を退化させるかもしれません。
当院ではうつ病、パニック障害、自律神経失調症、坐骨神経痛、肩こり、腰痛、ぎっくり腰などに鍼灸をお薦めしています。

今年の花粉はやっぱり多かった

都心のヒノキ花粉、昨シーズンの43倍 日本気象協会が速報
http://www.sankei.com/life/news/180406/lif1804060032-n1.html

43倍。都心に花粉を届けているのは、栃木県や埼玉県ですのでね。
当院では花粉症に鍼灸を行っております。
劇的なものではありませんが、体調が楽になりますよ。

最新研究、老いても脳は生まれ変わる

老いても脳は生まれ変わる 米コロンビア大の研究
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20180406/k10011392641000.html
→新しい神経細胞はできても、それを養う血管が細ったり詰まったりするので、認知機能が悪化しやすいとのこと。
さて鍼灸で脳の血流量が増えると言う研究がございまして、この話を元に考えると、鍼灸は認知機能の低下を抑制する可能性がありますね。

猿も温泉でストレス解消している

ニホンザルも温泉でストレス解消 京大グループが発表
https://www.asahi.com/articles/ASL3W6D27L3WPLBJ001.html

ほほ。面白いですね。
当院ではストレス解消、疲労回復に、指圧マッサージ、マタニティーマッサージをお薦めしております。
デスクワークや、長時間の立ち仕事、子育てや妊娠中の疲労やストレスにお薦めです。
痛みの緩和には鍼灸をお薦めしております。

早期がんの発見技術が高まっているそうです

【ここまで進んでいる!早期がん発見最前線】わずか1ミリリットルの尿で5つのがんを特定 マイクロRNA検出し早期発見が可能に
http://www.zakzak.co.jp/lif/news/180330/lif1803300010-n1.html
【ここまで進んでいる!早期がん発見最前線】唾液で膵がんなどリスク判明、早期がんの代謝物も捉えることが可能
http://www.zakzak.co.jp/lif/news/180331/lif1803310001-n1.html

こういう検査ならやってもよいですね。
当院ではデスクワークの疲労に指圧マッサージ、頚腕症候群、むち打ち、偏頭痛、慢性腰痛、ぎっくり腰などに鍼灸をお薦めしております。

東北大学の糖質ダイエット老化説は疑問

マウス実験では「ヒトの健康」はわからない 糖質制限「老化説」が抱える根本的な大問題
http://toyokeizai.net/articles/-/214390
「ご飯やうどんなどの糖質制限をすることで、60代後半以降で老化が顕著になる」という内容の研究を、東北大学大学院がまとめた

→と言うことですが、人間とネズミでは食生がことなります。
人間はそもそも農耕に頼っていなかったので、肉魚、植物の種子、昆虫などを食べて生きていたわけです。
ネズミは主食が植物の種ですので、ねずみでそれを制限すると老化するのは当たり前ですね。
やはり炭水化物に偏った現代人の食生活は改めるべきでしょう。
当院では、腰痛、ぎっくり腰、デスクワークの疲れに鍼灸マッサージを行っております。
妊娠中のマタニティーマッサージ行っております。
逆子、不妊症、不育症などには鍼灸がお薦めです。

熟年の子育ての話

学歴社会に揉まれ、就職でも苦労した結果… 熟年パパが陥りやすい「教育の盲点」とは?
http://toyokeizai.net/articles/-/213618

年齢が高ければ体力以外は経験がありますので、その分落ち着いて子育てができると言う考え方もありますね。
まあそうは言っても、子供はみんな違いますので、これが正解と言う子育てはないんじゃないかとも思いますね。
それでもいくつか上げてみると、子供の発達を阻害するような言動をしないこと。
子供がのびやかに育つための環境を提供できること。
そういう方向性から原点方式で見ていくと、若くて体力があっても、この日本と言う国では、なかなかお金をかけずに、子供になにかをしてあげることは難しかったりもしますね。
そういう意味では熟年の方が有利な1面もあります。
しかし体力をつかった子供との関わりもとても重要。
3世代同居で、専業主婦がいるようなご家庭は理想的でしょうね。
おっと男女共同参画社会でしたね、昨今は。
でも私はやはり、専業主婦「主夫」が子育ての理想だと思いますよ。
→当院では妊娠中のマタニティーマッサージ、逆子の鍼灸、40肩50肩の鍼灸、腰痛ぎっくり腰の鍼灸、不妊症不育症の鍼灸、自律神経失調症の鍼灸、うつ病、パニック障害の鍼灸、頭痛の鍼灸、小児鍼などを行っております。
詳しくはHPをご覧ください。