リトルリーガーズショルダーは「リトルリーガー肩、リトルリーグ肩、少年野球肩」とも言います。
この障害は上腕骨の近位骨端成長軟骨板の炎症や損傷によって起こります。
上腕骨は比較的長い骨であり「長管骨」と呼びますが、この長管骨は幼少期では骨端(骨の両端)が軟骨でできています。
成長とともに骨化が進むのですが、幼少期にこの骨端にストレスがかかって、炎症や損傷が発症しやすいとされています。
特に投球動作で腕を強く振ると、フォロースルー時に、上腕骨近位(頭に近い側)の骨端成長軟骨板に強い力がかかります。
、炎症や損傷を避けるために、投球回数の制限や、練習時の負担の軽減が必要です。
また痛みや炎症が出ている時には、鍼灸がお薦めです。
鍼灸には炎症を抑える作用、筋肉の緊張を和らげる作用があります。
肩周囲の筋肉を殉難な状態にしておくことが、けがの防止につながりますし、症状を鎮静化させ、投球動作を開始するためのリハビリの助けとなります。
詳しくはお問い合わせください。